2020年8月8日土曜日

親の概念を変える

先日ハウスメイトに言われて嬉しかった、

「二人を見てたら親の概念が変わった」
という言葉。

もじゃさんも私も、結婚前から、
特に子どもを育てることに関しては
たくさんの議論を重ねてきたので、
そう言ってもらえるのは嬉しいなと思います。
(褒めているのか微妙な感じはある…笑)

もちろんこの方法が正しいのかどうかは
私たちも全く分かりませんが、
とりあえず今のところは自分たちのやりたかった
子育てができているように感じています。

わが子のことは、生まれた時から
人として尊敬して、意見を聞き、
その意見をできるだけ尊重しながら
時に交渉しながら育てているので、
親というより友達に近いかもしれません。

赤ちゃんの頃からできるだけ
気を付けているのは、こんなところです。
●集中している時は話しかけない
●話を遮らない
●ーしなさいなどの命令形は使わない
●やりたくないことは無理強いしない
●泣いたらすぐに慰める
●理不尽なルールを押し付けない

こうやって育てていくと、
遊びも生活も基本的には自分の興味に合わせて
自分で決める、まさに私たちがしたかった
Self-directed(自己主導)な姿になってきました。

もちろん全て自分の思い通りに
行くわけではないので、
そこをどう折り合いをつけていくのかも
少しずつ練習しています。

とにかく毎日自分のやりたいことで
溢れているわが子を見ていると、
キラキラしていて素敵だなぁと思います。

そんなやりたい意欲を見逃さずに、
少しずつ色々な興味や学びへと
広げていきたいと思います。